JR鶯谷駅北口から徒歩30秒!★TEL予約はこちらをクリック★

入れ歯

そもそも入れ歯とは?

入れ歯

虫歯や歯周病、また外傷などで歯が無くなってしまった場合の治療法の一つが入れ歯です。入れ歯には素材・費用など様々な種類がございます。

当院では、保険適用と保険適用外の入れ歯の治療メニューをご用意しています。

部分入れ歯(部分床義歯)

部分入れ歯

部分入れ歯とは、部分的に失ってしまった歯の代わりに、隣の歯に金属のバネをひっかけて支持する入れ歯です。パーシャルデンチャーとも呼ばれます。

総入れ歯(総義歯)

総入れ歯

総入れ歯とは、その名の通り全ての歯が入れ歯になっているものです。

歯の土台の床部分にプラスチックや金属を使い、その上に人工の歯を並べてうまく噛むことができるように作られる入れ歯です。

保険適用と保険適用外の入れ歯

保険適用jの入れ歯イメージ

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯は費用を安く抑えれらることと、幅広い方に適用できる治療法というメリットがあります。

ただし金属のバネが目立つことや装着感で違和感が多少あります。

保険適用の入れ歯は費用を安く抑えれらることと、幅広い方に適用できる治療法というメリットがあります。

ただし金属のバネが笑った時に目立ったり、強度を持たせるためプラスチックの土台部分に厚みが出ることで装着中の違和感があります。

メリット

  • 幅広い症例に適用できる
  • 保険適用のため治療費を安く抑えられる

デメリット

  • 金属のバネが目立つ
  • 装着した時の違和感がある
ノンクラスプデンチャー

保険適用外の入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

当院の保険適用外の入れ歯は、金属のバネを使わずに歯茎と同じ見た目の樹脂を使用します。

また保険で使われるプラスチックの土台よりも強度の高い樹脂なので耐久性も高い特徴があります。

従来の金属のバネの代わりに樹脂製の歯茎に似たピンク色のばねを使用する為、入れ歯とわかりづらい特徴があります。

メリット

  • バネが見えないので入れ歯とわかりづらい自然な見た目
  • 装着したときの違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない(すべて樹脂の場合)
  • 樹脂製のため隣の歯への負担が少ない

デメリット

  • 保険適用外の治療で費用がかかる
  • 専用の入れ歯洗浄剤を使う必要がある

患者様のお口や歯の状況によってはご選択いただけないものもございます。当院では患者様のご希望を尊重しておりますので、ご不明点やご心配事ありましたらお気軽にご相談ください。

入れ歯の費用

入れ歯の費用は保険適用・保険適用外、また部分入れ歯・総入れ歯などによって変わります。

保険適用

メニュー費用
総入れ歯(1床)10,000円前後
部分入れ歯
※本数により変動
5,000円~13,000円前後

保険適用の入れ歯の場合、おおよそ表のような費用となります。ただし、保険の負担割合などでも変動しますことご了承ください。

ノンクラスプデンチャー(保険適用外)

ノンクラスプデンチャーは、より見た目と装着感の良い入れ歯です。

保険適用の入れ歯と違い、バネが金属ではなくより自然な樹脂を使います。笑った時にも金属のバネが見えないので、入れ歯と気づかれずらいのがメリットのひとつです。

詳しい費用は当院スタッフまでお問い合わせください。

平日夜20時まで土曜日も診療
診療曜日午前午後
月~金10:00~13:3015:00~20:00
水曜10:00~13:3015:00~17:30
土曜10:00~13:3015:00~18:00
日・祝

午後1:30~午後3:00の間はお電話は繋がりません。お手数ですが、受付時間内にお電話いただくか、ネット予約をご使用下さいますようお願い致します

JR鶯谷駅から徒歩30秒